スタジオ宙

「月雫」京都の町家に家具搬入

— Moon Shadow House just Furnished. —

ブルーのソファは床の敷瓦の色と溶け合って、

特注で作ったフロストガラス製のセンターテーブルは静けさに光を滲ませ、

家具が京町家の光にしっとりと馴染みました。

今回、家具は建主さんと密に打ち合わせをしながら選んだおかげで、

建物とインテリアがしっくりあった居心地良い空間になりました。

リビングからダイニングへと緩やかに広がる空間。

ソファーはかつての住まい手であった画家、高林和作の絵画に多く用いられたブルーを基調としたデザインに。

リビングの一角にある書斎カウンター。かつての煙抜きを利用して作った天窓からは優しい光が溢れる。

ゲストルームとしての表屋は、庭の景色を楽しめるベッドルーム。

中庭からゲストルームを見る。庭を楽しみながら心を休める。

2階書斎の一角にあるお昼寝コーナー。作り付けの本棚もある。

2階の書斎からは、階段、座敷を通して御所の緑が見える。

本を読んだり、友人と寛いだりできる、リビングとしての2階の浴室。

投稿者:Yumi Kori |  工事の様子 Construction Site Diary, 建物の完成 Project Completion |  記事本文