スタジオ宙

仕事の進めかた

仕事の内容、設計の進め方、工事の手順、
建物の計画から竣工まで、順を追って、
設計業務の内容を大まかに説明します。

イメージ

事前相談

法律、設計、施工の手順、 将来計画、建築資金等、建築設計に関する全ての相談に応じます。

相談時にあると良いもの

  • 建築予算、建物の希望などをまとめたもの
  • 敷地図および敷地の写真
  • 土地の面積や建蔽率など、法的規制がわかるもの
  • 建て替え・改装の場合・・・現状の平面図(確認申請図面があれば望ましい)
  • 新規の土地の場合・・・重要事項説明書など、土地売買時に受け取る書類など

※電話またはメールでご連絡の上、来所ください。 (無料)

イメージ

調査・企画

  • 法令上の諸条件の調査
  • 官公庁等からの情報収集
  • 敷地利用計画についての調査・検討
  • スケジュールの作成
  • プロジェクトの企画
イメージ

基本設計

敷地・環境・予算・要望等を十分考慮し、技術的検討を行い、それらを総合して、建築物の空間構成を具体化した基本設計を行います。

  • 建て主の要望、法令の把握・検討
  • 性能の検討、省エネ、シックハウス対策、バリアフリー等
  • 安全性、周辺環境・地球環境への配慮
  • 構造、設備の検討
  • 基本設計図書、模型の作成
    仕上表、配置図、各階平面図、断面図、立面図、設備計画図、工事費概算書
イメージ

実施設計

基本設計を発展させ、デザインと技術の両面にわたり、細部の検討を行い、実施設計図書としてまとめます。これは、施工者が設計内容を正確に読み取り、設計意図に合った建築物を的確に造ることが出来るように、また工事費を適正に積算できるようにする為のものです。

  • 外観・内装、造り付け家具詳細の決定
  • 設備、構造計画、性能の確定
  • 建実施設計図書の作成
    概要書、仕様書、仕上表、面積表、配置図、各階平面図、立面図、 断面図、矩計図、展開図、天井伏図、建具表、 構造図、電気設備図、給排水衛生設備図、その他設計意図を 伝えるために必要な図面
  • 建築確認申請など、建築関係諸手続きの代行
イメージ イメージ

施工者選定のアドバイス

規模や構造、建て主の意向をふまえ、適正な施工会社を選定するためのアドバイスをします。大手建設会社から小さな工務店まで、規模や工事の難易度に合わせ、幅広い選択ができます。建て主の付き合いのある施工会社を選定することもできますし、私たちと付き合いの長い、信頼できる施工会社を推薦することもできます。これは、設計監理業務の一環です。

選定方法は、主として以下の二つの方法があります。

  1. 「特命方式」・・・気に入った一社に見積りを依頼し、打ち合せしながら契約金額を決めていくやり方。
  2. 「入札方式」・・・数社に見積りを依頼し、入札によって施工会社と契約金額を決めるやり方。

どちらの方式でも、私たちがしっかり設計の意図を伝え、見積り内容を査定しますので、安心して施工会社を選び、工事契約を結ぶことができます。見積り内容や各社の考えている工法、VE案、施工例などを総合的に判断して助言します。必要に応じて面接や、施工例の見学を行います。

  • 入札・見積合せ・特命等の選定・アドバイス、またその為に必要な書類の作成
  • 技術力や信頼感を考慮した施工会社の紹介
  • 施工会社数社へ工事費の見積依頼
  • 施工業者への現場説明(現地状況・施工条件・設計図書の説明)
  • 見積りのチェック、精査
  • 施工会社の代替提案(VE)の評価
  • 施工者選定のアドバイス
イメージ

施行業者との工事契約の立会い・助言

  • 工事契約内容のチェック・請負契約書作成指導
  • 施工会社との工事請負契約の立会い・助言
  • 実施設計図書は、建て主の了承を得た上で、見積書と共に工事請負契約書の一部となります。
イメージ

設計監理

工事請負契約がなされた後、工事期間中は、週一回の工事定例会議を行い、設計図書を補う様々な方法により設計意図を施工者に明確に伝達します。施工図書を検討・審査する中で設計意図の具体化を行うとともに、品質管理、工程管理に参画し、 工事が請負契約書などに示された諸条件に従って、適正に遂行されるよう監理します。

  • 設計図書通りに施工されているか、使用材料は適正か、工事の手抜きや欠陥が無いかなど適宜現場に出向き、確認する。
  • 建て主に工事の進行状況を随時報告を行う。
  • 適宜、現場にて、建て主へ工事の状況を説明する。
  • 設計事務所および建て主による竣工検査を行う。
  • 竣工図書作成の管理。
イメージ

竣工検査、アフターメンテナンス

工事が完了した時点で、竣工検査を行います。設計図書どおり問題なく施工されていることを確認した後、建て主による竣工検査、建物の引き渡しに立ち会います。

竣工後の建物の保守管理・クレーム処理のご相談に対し、アドバイスし、必要に応じて、施工業者の検査の指導、立会い、報告書のチェック、瑕疵の責任チェックを行います。

  • 竣工検査
  • 1年点検
  • 施工業者によるメンテナンスへのアドバイス、サポート等
  • 老朽化や家族の形態の変化により、増改築、大規模な修繕が必要になった場合、相談の上対応します。

スケジュール

設計期間、工事期間は、建物の種類や規模、構造によって変わります。
たとえば、40坪程度の木造住宅の場合、
最短の設計期間は4−6ヶ月、工事期間5−6ヶ月です。
コンクリートだと、もう少し時間がかかります。
詳しくはお問い合わせ下さい。

項目 内容 費用 期間

事前相談

1.事前相談

  • 面談
  • 概要のヒアリング
  • 設計監理料の提示

相談は無料

基本設計業務

2.設計契約

  • 建築設計監理委託契約

(1) 着手金 設計監理料の10%

2ヶ月~

3.調査・企画

建築の目的を定め、計画・設計のための条件を設定

  • 関係官庁調査
  • 敷地調査

土地測量(実費)
地盤調査(実費)

4.基本設計

調査研究・企画を基に構想を練り、条件の総合化を図り、基本構想を確定
基本構想を基に建築の空間構想を具体化し、建築物を確定

  • 要望・詳細のヒアリング
  • 基本プランの検討
  • 打ち合わせ
  • 基本設計図面集完成

(2) 基本設計完了時 設計監理料の15%

実施設計業務

5.実施設計

基本設計に基づき、さらに詳細な設計をする
工事実施と見積に必要で、かつ十分な設計図書を作成

  • 打合せ
  • デザイン・仕様の決定
  • 詳細プランの検討・決定
  • 構造計算
  • 実施設計図面集完成

(3) 実施設計完了時 設計監理料の40%

4ヶ月~

設計監理業務

6.見積

設計図書の説明、信頼できる施工会社の選定のアドバイスなど

  • 施工業者決定(入札方式の場合は、数社選定)
  • 見積依頼、設計図書の説明
  • 見積書査定、各社比較
1ヶ月~

7.見積調整

  • 予算調整
  • 必要に応じて設計見直し
  • 工事金額の決定(入札方式の場合は、施工業者も決定)
  • 施工業者の決定

設計監理料の見直し、および清算(設計契約時より規模、構造、 工事費等の変更があった場合)

8.確認申請

  • 各省庁との事前協議
  • 建築確認申請手続き

役所確認申請手数料(実費)
(4) 確認申請時 設計監理料の10%

9.工事契約・着工

建築士法による工事監理及び、適正な工事契約の締結に協力し、設計意図を実現させ、適正な工事・施工が行われるよう公正な立場で、指導・監督、監理

  • 工事業者との工事契約
  • 地鎮祭(任意)
  • 設計監理業務開始
5ヶ月~

10.上棟

  • 役所中間検査
  • 上棟式(任意)

(5) 上棟時 設計監理料の15%
役所中間検査手数料(実費)

11.竣工

建築主は施工業者から建築物の引渡しを受ける

  • 役所完了検査
  • 設計事務所・建て主による竣工検査
  • 引渡し
  • 内覧会

(6) 竣工時 設計監理料の10%
役所完了検査手数料(実費)

メンテナンス

12.建築物・施設の維持・管理

施工業者による定期検査の立会い、指導、報告書のチェック、瑕疵の責任チェック、竣工後の保守管理・クレーム処理のご相談に対し、アドバイスする

  • 1年点検
  • 施工業者によるメンテナンスへのアドバイス、サポート等
  • 老朽化や家族の形態の変化により増改築、大規模な修繕が必要になった場合相談の上対応する

1年点検は無料。
1年点検以降のメンテナンスに関する工務店への助言は、新たに追加設計業務が発生しない限り無。増改築、大規模な修繕のために、設計業務が発生した場合は有料