スタジオ宙

『お知らせ News』 カテゴリーの記事

古い蔵で展覧会、織物の町 富士吉田で

— TSUMUGU Installation with Bernhard Gal @Fuji Textile Week —

山梨県富士吉田市は、1000年以上続く織物の町です。

現在、「織りと気配」というテーマで、森美術館特別顧問の南條史生氏がディレクターとなって、興味深いアート作品が町のあちらこちらで展示されています。


今回、 郡裕美は「TSUMUGU」というタイトルで、市内の残る3階建ての古い蔵を使い、光と音のインスタレーションを展示しています。古代から続く織物の歴史や記憶に思いを馳せ、蚕小屋の暗闇の中で生まれる絹糸が、美しい布として紡がれるイメージの作品を作りました。既存の建築を生かしたアート作品で、町の活性化に寄与しています。

圧倒的に美しい冬の富士山観光と合わせて、是非お越し下さい。

◯会期:2021年12月10日(金) ~ 2022年1月9日(日)
◯会場:富士吉田中心市街地
◯展覧会のHPはこちら。https://fujitextileweek.com/

12月10日(金)の朝10時から、郡裕美と南條史生氏 (森美術館特別顧問)と大巻伸嗣氏(東京藝術大学美術学部教授)とのクロストークが企画されました


「TSUMUGU」 作品説明 

町並みの裏にひっそりと建つ3階建ての古い蔵は、幻想的な青い光に満たされ、機織部屋の気配、蚕が桑を食む音に包まれて眠る繭、緯糸のように等しく時を刻む光の糸と、階を上がるごとに観客は異なる織物の時間層へと誘われます。これは、太古から未来へつづく織物の記憶を光と音で紡ぎ出すインスタレーションです。

1階 蔵にあった古いガラス戸、蔵の窓の隙間から差し込む光、ゆっくり点滅する青い光、遠くから響く機織りのサウンドが機織りの思い出の時間と空間を紡ぎ出す。

2階 蚕が闇の中で吐く白く光る糸、蚕小屋の闇の中で息づく繭のイメージ、そこに蚕が桑の葉を食べる音が響く。観客は桟橋の上で光と音に包まれて静かに時を過ごす。部屋の両端の壁に光の粒が幾重にも重なって映り込み、空間が永遠に広がっていく。

3階 闇の中に浮かぶ5本の光る糸、永遠を思わせるサウンド。
太古から時を刻むように続くよこ糸に、自分自身のたて糸を重ね合わせて、たった一つの織物を織ってみる。

サウンド制作:ベルナルド ガル Bernhard Gal
LED制作 :大須賀美恵子 大阪工業大学 ロボティックス&デザイン工学部
協賛:三菱ケミカルインフラテック(株)アクリライト

 初めて富士吉田に行って、作品アイディアを考えた時の郡裕美のエッセイはこちら。

https://www.studio-myu.com/blog/archives/1635

投稿者:Yumi Kori |  お知らせ News, 展覧会情報 Exhibition Info, 美術の仕事 Art, Stage Design |  記事本文

緑の紙飛行機、大阪梅田に出現!

— Green Paper Airplane Insulation Moves to Umeda, Osaka —

明後日から代表の郡裕美が教授として教鞭をとる大阪工業大学の梅田キャンパス1階のロビーで、緑の飛行機Green Airplaneのインスタレーションを学生と一緒に行います。コロナの閉塞感を破るべく、壁の向こうの世界に想像力を馳せる試みです。一般の方も参加可能です。大工大梅田キャンパスは大阪・梅田駅直結の茶屋町にあります!

11/17の3時から一斉に飛行機を飛ばしたあと、郡裕美のレクチャー「アートで空間を変容する」申し込み不要、誰でも参加できます。お時間があれば、是非、おいでください!

投稿者:Yumi Kori |  お知らせ News, 美術の仕事 Art, Stage Design, 講演会 Lectures, 講演会のお知らせ Lecture Info |  記事本文

謹賀新年 2021 心機一転の年

— Happy New Year 2021 —

あけましておめでとうございます!

最近の自粛ムードに負けないで、ポジティブにクリエーティブに、今年は、いろいろ新しいことを始めたいと思います。
今は世界が少し元気なく見えるけど、必ず晴れる日がやってくると信じて。コロナの終息を心から祈っています。

今年もよろしくお願いします。

郡裕美 & 遠藤敏也

投稿者:Yumi Kori |  お知らせ News, 日常風景 Diary |  記事本文

設計が終わり、竣工した時が物語の始まり。

— 「まちの水辺を〇〇する」セミナー@テラスかんなん の報告です!  —

11月15日は、「まちの水辺を〇〇する」と題したセミナーを終日行い、竣工したばかりの「テラスかんなん」を思いっきり使いこなす楽しい日曜日となりました。

設計が終わり建物が竣工した時が、建築にとっての物語の始まりです。様々に使われることで場に新たな息吹が生まれ、みんなが楽しんで使ってくださっている様子を見ると嬉しくなり、設計者冥利につきる1日でした。

まず、午前中は、「テラスかんなん」の建物の魅力を解説するツアー。建物案内のついでに、建築鑑賞の仕方、五感を使っての空間の楽しみ方についての話もしました。(音楽鑑賞、絵画鑑賞など小学校から習っているのに、なぜか建物の鑑賞の仕方、学んだことないですよね。)

そして、午後は、水辺を楽しむソーシャルアクションのレクチャー(講師は泉英明さん)、

その後、来場者が、思い思いに楽しい場所を見つけてくつろぐという実践セミナー。

公園に出てキャッチボールをする人、屋上で眺めを楽しむ人、

友情出演の岸上純子さん(spacespace)のビールの差し入れと泉さんのラグのおかげで、水辺がリビングのようなくつろぎの場所になりました!

そして、その場の歴史を紐解く 岡絵理子先生(関大教授)のレクチャー、、、

建物のコンセプトと設計のプロセスを紹介する郡裕美のレクチャーに続き、地元の菅南地域活動協議会の池田さんも参加してくださり、地元の取り組みについても話してくださいました。

そして、あたりが夕闇に包まれた頃、友人のあずみけいこちゃんのアカペラのライブ。階段をステージに使うという機転の聞いたアイディアのおかげで会場はライブハウスのようになりました。

夕刻は、水辺に灯ったランタンのように公園を照らし、
屋上からは夜景が堪能でき、
子供も大人もスペシャルな気分で遊べる楽しい時間。。。

たくさんの友人知人に囲まれて本当に嬉しい1日でした!
ちょうど緊急事態宣言が解除され、GOTOも始まり、コロナの第2波のくる前のタイミングだったからこそ実現でき、本当にラッキーでした。
友人や知人たちの協力のおかげで、イベントは大成功でした。

参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

投稿者:Yumi Kori |  お知らせ News, オープンハウス Open House, 建物の完成 Project Completion, 設計のプロセス Design Process, 講演会のお知らせ Lecture Info |  記事本文

11月15日(日)テラスかんなん内覧会&セミナー

— Terrace Kannan, Community Center, Public Viewing —


まちの水辺を〇〇する。
-都市、建築、ソーシャルアクションの視点から考えるセミナー

11月15日に、私たちが設計し、今春に竣工した集会場の内覧会を兼ねてセミナーを企画しています。この建物は、大阪天満宮近くの大川沿い、春は桜の名所で知られる南天満公園につながる水辺にあります。
本格的な冬がやって来る前の秋の1日、お時間が許すようなら、是非、おいでください。

予約サイト:https://myu-201115.peatix.com

コロナ感染拡大防止策のため、予約制としております。

会場:テラスかんなん 大阪市北区天神橋1丁目3−3
南森町徒歩7分、天満橋駅徒歩7分
淀屋橋駅徒歩10分

午前の部 各回 定員15名
「テラスかんなん」建築案内
建物を案内しながら、デザインコンセプト、建築の見方、味わい方、楽しみ方、空間デザインの力についてお話しします。
1回目 10:00~10:45
2回目 11:00~11:45
3回目 12:00~12:45
4回目 13:00~13:45

午後の部 2:00~ 5:30 定員30名
まちの水辺を〇〇するセミナー
実際に使うことで場所の魅力、建築の力を発見してください!

まちの水辺を使いこなす
講師:泉 英明
都市プランナー ハートビートプラン代表・屋上や公園、建物の内外に居心地良い場所を見つけましょう。ラグやクッション、なんでも自由に持ち込みOK!

まちの水辺の歴史と記憶
講師:岡 絵理子
関西大学 環境都市工学部 建築学科教授

まちと水辺をつなげる建築デザイン 
講師:郡 裕美
スタジオ宙一級建築士事務所代表
大阪工業大学 空間デザイン学科教授
テラスかんなんの建築設計プロセス、デザインコンセプトを紹介しながら「つなげる建築」の可能性について語ります。

天神祭の陸渡御と船渡御の出会うこの場所で、二つの世界を結ぶ門をデザインコンセプトに、敷地の高低差を生かして流れを作り出し「まちと水辺をつなぐ建築」としてこの地域集会所を設計しました。
かんなんテラスは、2018年度に行われたプロポーサルコンペで選ばれた郡裕美+遠藤敏也/ スタジオ宙が設計し、大阪工業大学ロボティックス&デザイン工学部 空間デザイン学科 郡裕美研究室と連携し、地域とのワークショップを行いながら進めました。

投稿者:Yumi Kori |  お知らせ News, オープンハウス Open House, 建物の完成 Project Completion, 講演会のお知らせ Lecture Info |  記事本文

郡裕美の講演「アート的視点の空間発想」JIA Webセミナー公開中

— Yumi Kori Lecture is now broadcasted Online —

郡裕美の講演会「アート的視点の空間発想」が、全ての制度(建築CPD情報提供制度、建築士会、JIA、設備士CPD、建築施工管理CPD)の認定プログラムになっており、オンラインで受講できます。

JIA (日本建築家協会) 継続職能研修制度の認定プログラムとなっております。

投稿者:Yumi Kori |  お知らせ News, メディア掲載 Press Publication, 講演会のお知らせ Lecture Info |  記事本文

京都の町家の改装を始めます。

— Renovating a beautiful Kyoto Town House —


今回、私たちが出会ったのは角地に立つ京都の町家。
ここは京の町家の特徴として知られている「うなぎの寝床」のような細長い空間とはと違う、
角地ならではのユニークな空間構成を持っています。

門を開けるとそこは茶庭。
外腰掛け、雪隠もあります。

そして、奥行きが1間の玉手箱のような玄関。

建具を開けるとその向こうには切り取られた空の下にしっとりとした坪庭。

この建物には3つの庭があります。
前庭、坪庭、そして書院の庭。
建物と庭が溶け合い不思議な空間が広がります。

座敷には美しい床の間もあり、違い棚など凝った細工がされています。

いわゆる表屋造りと高壁造りを下敷きに作られた京都ならではの近代和風住宅。
憶い出の時間の中にひっそりと佇むこの町家に
私はすっかり心を奪われてしまいました。
古民家の改装はその場の空気を感じながら、
そこで発見する美しさを大切にしながら、
ゆっくりと時間をかけないと設計ができません。
これから至福の時を過ごしながら、日々現場に通うのが楽しみです。

投稿者:Yumi Kori |  お知らせ News, 設計のプロセス Design Process |  記事本文

次のページ »