YUMI KORI ART WORKS

見える空間、見えない空間 ー軍艦島で感じたことー

<天と地の間に幽閉された場所>

白い水しぶきをあげて進むフェリーの甲板に座り、私は、少しずつ遠ざかっていく島のシルエットをじっと見ていた。さっき島で見た廃墟の光景がその影に重なる。崩壊してぼろぼろになったコンクリート、赤茶けて風化した鉄、半壊した部屋に置き去りにされた生活用具、壊れた障子、そして、ガラスが割れてなくなった窓から見えた美しすぎる海の色…。そこには、炭鉱労働者が暮らした住まい、幾重にも重なる暮らしの思い出があって、かつて子供たちが走り回った幼稚園や小学校、人々に束の間の楽しみを与えた映画館や広場の跡あった。

エンジンの爆音が甲板に振動を与え、風を切る音と競い合いながら、船は長崎への帰路を急いでいた。風化して色を失ったコンクリートの建物群は、距離が離れるにつれ、個々の見分けがつかなくなり、互いに溶け合い、そこに置き去りにされた記憶の断片といっしょに影に飲み込まれて行った。そして、その名の通り、島はしだいに軍艦を思わせる鈍い墨色の船の形になって行った。

その中で、最後までその影とは一つにならない不思議な建物があるのに気がついた。それは、島の一番高いところに残る端島神社だった。

その時、気がついた。島の上には神社、下には炭鉱があり、人々はそれらの2つの間の空間に生きていたことに。神社は天と人々の間に君臨し、本殿の扉は固く閉じられて庶民は決してその先を見ることを許されない。また、地底に広がる炭鉱は、闇に包まれて底が見えず、いくら掘ってもどこにも到達できない巨大な無である。端島は、天と地、光と闇の間に幽閉された場所だったのだ。

<透明な水平>

上下に閉ざされた島の空間について考え初めた私は、島の北側に建つ日給住宅16〜20号棟で体験した水平方向に抜ける空間の感覚を思い出していた。そこは、長屋を積層させて一定間隔で置き、それら5棟の建物を立体路地のような大廊下で結んだシンプルな空間構成だった。大廊下から分岐した外廊下には、長屋の住まいが数珠繋ぎになっており、各戸には、路地(廊下)に面したオモテと、バルコニーに面したウラがあり、それぞれの側にラーメン構造の構造柱の間を目一杯開いた開口部がある。オモテに面した玄関には土足エリアの三和土があり、路地と柔らかくつながる。一方、奥には一段上がった座敷があり、掃き出し障子と縁側、手すりという組み合わせで、中庭に開いている。中庭側には各戸を結ぶ廊下はない。この「路地→土間→部屋→縁側→中庭」という空間配列が、5棟分連なっているのがこの日給住宅の特徴だ。この住棟配置と住戸プランは、エアコンもない当時を考えれば、理にかなっていたに違いない。中庭は狭いが、風は各棟の住戸を貫通して取り抜け、上昇気流に乗って夏場の通風に役だったであろう。

廃墟と化した19号棟の長屋の一軒に足を踏み入れ、座敷に腰掛け、当時の住人が見ていた風景を想像してみた。中庭を挟んだ向かい側18号棟の住戸が上下左右に碁盤の目のように並んで見える。昔は、真冬でない限り、みんな住戸の建具を開け放っていたに違いない。そう考えると、各々の住戸フレーム、それぞれが小さな舞台のように見えてきた。軍艦島の労働者は24時間2交代、あるいは3交代制だったというから、そこには、昼夜関係なく繰り広げられる人々の様々な暮らしのアクティビティーが見えていただろう。また、隣棟の18号棟と床のレベルは同じなので、その先にある17号棟の住戸も見え、さらにその向こうに16号棟の住戸までも視線が通る。前後左右に重なり合うフレームに人々の生活が重なり、子供達の遊ぶ声、様々な生活音、家族団欒の笑い声、路地で繰り広げられる井戸端会議などが混ざり合ってオペラのように聞こえたことだろう。

日本家屋の建具によって切り取られる重なり合うフレームを見た時、私は、小津安二郎監督の東京物語(昭和28年1953年 公開の日本映画)の老夫婦が住む尾道の家のことを思い出した。老夫婦が旅の荷造りをしていると、庭先の障子窓の外からにゅっと顔を出して話しかける隣人。それに驚くこともなく、普通に対応する老夫婦。ここでは、互いのプライバシーがないことに対してなんの違和感もなく、窓は、室内から外を覗くためだけでなく、外から覗かれ、そこに双方向のコミュニケーションが生まれるために存在している。

また、映画「男はつらいよ」の第1話(山田洋次監督、昭和44年1969年公開)でも、寅さんの妹、さくらに裏の印刷工場につとめる博が思いを打ち明ける場面では、「僕の部屋から、さくらさんの部屋の窓が見えるんだ。朝、目を覚まして見てるとね、あなたがカーテンを開けてあくびをしたり、布団を片づけたり、日曜日なんか楽しそうに歌をうたったり、冬の夜、本を読みながら泣いていたり。あの工場に来てから三年間、毎朝あなたに会えるのが楽しみで、考えてみれば、それだけが楽しみでこの三年間を・・・。」という、今ならストーカーとして警察に通報されるような言動をし、それを聞いたさくらも、その博の強い気持ちに心が動かされ、最終的に結婚へと進むというくだりを思い出した。

つい50年前前の日本の窓は、うちから外への視線の一方通行の穴ではなく、双方向に見る見られることを前提として存在していたのだ。これは、明らかにヒッチコック監督の「裏窓」(1954年のアメリカ映画)に出てくる窓とは違う日本的な開口部の在り方だと言って良いだろう。西洋的な窓では、窓は内側から外を見るというカメラのファインダーのような一方向の装置である。(主人公も足の悪いカメラマンと設定されている。)そこでは、外から窓の中を覗くという行為は明らかな禁止事項である。事実、「裏窓」では、見てはいけないものを見てしまった主人公は、いつのまにか犯罪に巻き込まれてしまう。

そもそもプライバシーという言葉が日本に現れたのは、いつからか。見られることをそんなに恐れるようになったのはいつ頃からか。つい最近まで人々は、窓から自分の生活を覗かれることに何の違和感も感じず、全く平気だったということを考えずしてこの軍艦島のプランは成り立たない。もちろん、日本人のプライバシー感は、現在でも西洋に比べるとかなり違う。例えば、電車の中で化粧をしている女性、いびきをかいて居眠りしている男性、泥酔して駅で潰れている会社員…。このようなプライベートな状態を公衆の目に晒すということは西洋ではあまり見かけない。そこには、裏を返せば他人にプライベートな側面を見られることを受容するおおらかさが、いまだに日本国民の中に残っているということだろうか。


話が逸れたが、軍艦島の16~20号棟(大正7年1918年築9階建RC造アパート)を見たときに、そこにある住戸間の双方向の視線の流れを享受し、隣棟と有機的につながる高層化住宅の空間構成に魅せられた。たぶん、このプランは、もともとは蒸暑地域である日本の風土から生まれたものだろうし、平屋の長屋というビルディングタイプの積層化という発達経緯からして自然発生的なものだったと思われるが、この建築のかたちが、軍艦島に「島はひとつの家族でした。」当時を振り返る元住民が語る、他とは比べられないほど濃密なコミュニティの形成になんらかの影響を与えたことは推測される。


次に、16~20号棟が高層建物でありながら地面に緩やかつながっていることに、私は強く魅せられた。5棟の日給住宅は、敷地段差のある東側の崖の傾斜地にへばりつくように建てられている。大廊下から伸びる各棟の廊下は自然発生的に生まれた集落の路地のように感じられた。浜通りから見ると9階建だが、山通りから見ると1〜2階の高さになり、また、屋上には土が乗せられ屋上庭園として使われているため、ますます建物と地形が溶け合って感じられる。

蛇足だが、以前、上海の「老場坊」に行った時にもこれに似た空間の感覚を感じた。これは1933年に建てられた屠殺場で、牛が緩やかに歩ける「牛道」が内包された建物なのだが、「牛道」は、廊下と呼ぶには違和感を感じる緩やかな移動空間であった。そこでも、屋内にいながら屋外の空間のスケールを感じ、建築空間が地形の一部のように感じられた。

<天からも地からも切り離された難破船>
軍艦島の影が波の彼方に溶けて見えなくなった時、てっぺんにある端島神社もまた、空と見分けがつかなくなった。満州事変が勃発し、日本が軍国主義の道をまっしぐらに進んでいた昭和11年(1936年)に作られた端島神社。戦争が終わり、高度経済成長のあと、端島炭鉱が閉じられ、廃坑になった後、いつのまにか拝殿が壊れてその神殿だけが残り、誰からも拝まれることがなくなった。御神体もどこかに持ち去られた。梯子を外された社は大地から切り離され、その時、端島は天から切り離されたのではないか。
また、炭鉱が閉鎖されたとき、地下深く掘り進めたれた坑道が埋められ、そこにどす黒い海水が注入された時、島は地との繋がりをも切り離されたのではないか。
そうして軍艦島は、天からも地からも切り離され、何処にも行けずに漂う船になった。

廃墟は人の想像力を触発する。このエッセイは、記憶の時間に幽閉された難破船、軍艦島に乗った時に考えた妄想。

郡 裕美  ***  Yumi Kori

参考

老場坊
http://www.1933shanghai.com/en/

投稿者:yumi |  建築, 旅行 TRIP |  記事本文

古民家で見つけたミニシアター

佐原の古民家をたずねて実測調査をしている折に、不思議な映像を発見しました。閉め切られた雨戸の節目が、ピンホールカメラになって、ガラス障子に、町の風景が映し出されていました。小さな不思議なmovie theatre…. 刻々と変わる光と影、その映像からずっと目がはなせませんでした。DSCN0016 DSCN0017 DSCN0020

投稿者:yumi |  アート, 建築, 町で出会ったこと |  記事本文

三方分山 2016年正月、富士山を愛でるハイキング

8:30発ホリデー快速富士山号に三鷹駅で乗り込む。運良く席があいていて、富士山まで楽チンな旅。バスの乗り継ぎを考えて富士山駅で下車。駅前のバス停で10分ほど待ち、約45分のバスの旅の後、ようやく精進湖についたのは11時半。バス停から今晩泊まる予定の精進湖マウントホテルに電話したら、なんとバス停まで荷物を撮りにきてくれるという。5分で宿の主人が車で駆けつけ、大きな荷物を預かってくれた。なんでも先月滑落事故があったとか、急坂に気をつけるようにいわれた。弁当と水だけの空身でハイキング、ラッキー!

2016-01-02 11.29.27

女坂からを上がって三方分山に向かう。

2016-01-02 11.48.35-1

途中、昔の集落があり、兜づくりの屋根が立派だ。もともと宿場町だったようだ。しかし、ひどく老朽化している。保存すればいいのに、、、と思ったら、このように、悲しく復元されている民家があり、看板があった。

2016-01-02 11.46.49

2016-01-02 11.47.06

母屋に曲がり家のように付属した店舗があるおもしろい構成。

しばらく行くと左側に精進の大杉。そのふもとに諏訪神社。これだけの樹齢を重ねた木を見ると、本当に尋常ならぬエネルギーを感じますね。

2016-01-02 11.33.47 HDR

2016-01-02 11.42.06-1

2016-01-02 11.39.57-1

お参りをして、ハイキングをつづける。小一時間で女坂峠につく。眺望はないけれど、お腹もすいたし、弁当!2016-01-02 12.38.26

ここから三方分山の頂上までののぼりは、かなり急。本当にきつかった。でも、富士山を眺めながらのハイキングは、最高。冬だから富士山がよくみえるけど、夏なら、木に遮られて、みえないのだろうな。

2016-01-02 14.55.47

三方分山の頂上からは、富士山、青木ヶ原、精進湖が一望できる。

2016-01-02 14.47.23

2016-01-02 15.31.58

ここから精進湖までの下りは、尋常でなく急坂。すべりそうになったので、木の杖をみつけて、歩く事に。

途中、霜の花をみつける。

2016-01-02 15.51.23

転ぶ事なく無事、精進湖につき、精進マウントホテルにチェックインした時は、もう4時半。全5時間のGood ハイキングでした。

投稿者:yumi |  ハイキング |  記事本文

葉っぱの内に広がる、緑の空間。

YumiKori_Happa_sm550

ハイキングの途中で見つけた葉っぱの模様。

実は、葉の中を縦横無尽に動き回る虫の軌跡。

まるで公園の散歩道?

あるいは、建築の動線?

虫が生きる「緑の空間」に心を馳せる。

A trace of the worm created a pattern in the leaf,

as if a trail in a park,

or an architectural path.

I imagine the green space where the worm is living in.

 

投稿者:yumi |  アート, 建築 |  記事本文

被災地で見える建築の根源的なチカラ

— Disastor visualize the power of Architecture not only as a shelter to protect people, but also as a monumental simble for reconstruction. —

JIA_Ban_140703_7smプリツカー賞を受賞された建築家の坂茂氏の講演を聴いた。被災地に駆けつけて仮設建築を作ってこら れた坂さんの仕事の数々を見ながら考えた。建築が過剰な現代都市の状況下とは違って、被災地においては、建築の持つ根源的なチカラがピュアーに見える。 シェルターとしてだけでなく、復興を願う人々の心を一つにするモニュメントとしても、、、。望まれてもいないのに、手弁当で被災地に駆けつける坂さんの情熱の裏に、建築への強い思いを感じた。

Ban_JIA_s7m_3

「活動を進めるうちに何が仮設なのか、なにか恒久的な建築なのか分からなくなった。」経済優先のために取り壊しになった赤坂プリンスを例に、「人々の思いがあれば、それはTemporary であってもpermanent な建物になりうると考えるようになった。」という。また、阪神淡路大震災のあと、「被災後、信者が何もない野原に集う様子を見、建物がなくなったことで、本当の教会が生まれたような気がした。」と発言した牧師の言葉も引用された。人々の精神のよりどころとしての「建築」を評価しようとするとき、鉄やコンクリートでできた重厚で権威的な構造物よりも、人々のいたわりの気持ちを育てる仮設的で繊細な建物の方が、よりmonumental になり得るような気がした。

講演会の後は、盛大な受賞祝賀会。「作品づくりと社会貢献の両 立を目指して」という題名での講演会@JIA日 本建築家協会Architects Garden。

投稿者:yumi |  建築 |  記事本文

自然の香りを運ぶ、半屋外の能舞台

— Open Air Noh Stage birng nature into the play. —

Yoyogi_Nogakudo_1sm_900

約160名が入る客席。庭との間には建具がない。自然光で観る装束、風を感じながら聞く謡は、格別だ。

6月末の梅雨の最中、半屋外の代々木能楽堂で「班女」を観た。最初は初夏の日差しの下、穏やかに始まった舞台だったが、花子が恋人を待ちこがれ、狂人となる段で、にわかに雷が鳴り響き、雨が降りはじめた。水しぶきに呼応する舞と謡の迫力に圧倒され、嵐が激しくなるにつれますます臨場感が増す。自然に開かれた能舞台ならではの迫力の一曲だった。

I saw ” Hannyo” at Yoyogi Open Air Noh theater under the big storm yesterday. The dancer and singer corresponded to the thunder and splash created super dramatic atmosphere.

Yoyogi_nogakudo_michi_1_900
久しぶりに雨水を観た。軒先を伝って滝のように落ちる。屋根は水の流れを生み出す装置。洗濯物干竿が見える隣家のベランダ、モルタル木造にはまったアルミサッシ。日常風景に突如現れた幽玄の間。

投稿者:yumi |  アート, 建築 |  記事本文

机が部屋になり、もうひとつの舞台になる。

— Table Becomes a Room, then a Stage on the Stage. —

ソウルの劇団 青羽 の「そうじゃないのに」という演劇公演を新宿タイニイアリスで観た。刑事と容疑者が座る取調室の机が、劇が進むにつれ、主人公を閉じ込める部屋となり、最後は舞台上にある「もうひとつの舞台」になる。普段、見慣れている普通の机の持つ、様々な可能性が見え、とっても面白かった。生身の役者が、目の前で日常的な物を異化してみせてくれる、その空間効果には凄まじい力がある。やっぱり演劇はスゴイ!

投稿者:yumi |  アート, 建築, 町で出会ったこと |  記事本文