YUMI KORI ART WORKS

『未分類』 カテゴリーの記事

多様化するエコの意味。

— What is the true meaning of ECO Marrige? —


最近、仕事で名古屋を訪れる機会が多い。名古屋に行くたびに見かけるこの地下鉄車内広告。さて、このエコ婚のECOはエコノミカルのECOか、エコロジカルのECOか…。確かに15万の結婚式は「お得」かもしれないが、結婚して一緒に住めば、エネルギー消費量も減るはずだから省エネ効果がありエコになる。新幹線でぼっとした頭にはちょうどよい頭の体操。エコ婚の真意は何か、考えればまだまだ色んな答えが生まれそうだ。

投稿者:yumi |  未分類 |  記事本文

七草粥。初春を体で味わう。

— The Japanese custom of eating seven-herbs on January 7. —

晴れやかな朝の光を浴びながら、七草粥を食べた。

白く半透明に輝くお粥に映える、若々しい七草の緑色を楽しんだ後、

スプーンですくって口に入れ、香りを楽しんでからおもむろに飲み込むと、

今度は胃がスーッと気持ちよくなって、心地よいバイブレーションが体に広がる。

私にとって七草粥を食べる習慣は、無病息災を祈る儀式というだけでなく、

食べることを通じて春の息吹を体で感じ、元気を貰う新春の楽しみ。

投稿者:yumi |  未分類 |  記事本文

登山は大地の起伏を体で感じ、心を目覚めさせること。

— Trekking wakes me up from numbed body. —

写真:陣馬山頂からみた波のような山並みと雲に隠れた富士山

山は様々な楽しみ方があるとおもうけれど、最近、好きなのは歩きながら大地の起伏を体で感じること。いくらなだらかな山だとはいえ、一瞬バランスを崩せば 谷底に落ちる。そんな危機感を感じながら、でこぼこの山道に瞬間的に呼応して体を動かしている自分自身の様子も同時に楽しんでいる。東京に住んでいると、まっ すぐな道や平らな床に慣れてしまい、次第に周りの環境を読み取ってそれに対処する力が失われていく。山登りをすると、そんな鈍った心身が目覚めるような気 がする。

昨日、今年初めての登山をした。登山といっても陣馬山。山頂はたったの857メートル。それでも相模湖の駅から1時間ほど歩けば、車の音も聞こえなくなり、すっかり 山に入った気分になれる。途中、明王峠で一休みし、富士山を眺めながらお弁当。木漏れ日の美しい植林の尾根道、落ち葉の感触を楽しみながら歩く雑木林、変 化にとんだ行程を楽しみながら、山頂に降り立つと富士見茶屋でいっぷく。約5時間の行程だが、下山する頃には、身も心もリフレッシュしている。特に予定が なければ、週末はいつもこのコースを楽しむことにしている。

 

投稿者:yumi |  未分類 |  記事本文